ワンダーデバイス 変更後の価格①。

Pocket

今回は気になっている人が多いと思われる、標準仕様からの変更による費用について書きます。

スポンサーリンク

BESSのお家を建てたいっていう人は意外と多いと思うんですが、気になることの一つに標準仕様から変更した時の費用があるかと思います。

実際我が家も契約前はかなり聞きました。しかし、契約前には細かい金額は教えてくれません。

他のハウスメーカーですと、展示場の家はフルスペック装備で実際にそうしようとすると値段が跳ね上がるというのを聞いたこともあったので、不安になりますよね。

ですので、今後BESSの家で建てたいと思っている方の参考になればうれしいです。

まず我が家はワンダーデバイスファントムマスク8スパンですので、サイズやシリーズが変われば、変更時の価格も変わると思いますので、そこは参考程度ということで。

まず最初に変更すると一番価格が変わるところですが、水回り系だと思います。キッチンやトイレ、お風呂などを標準仕様ではないものにすると100万単位で変わると思います。

我が家はそのあたりには特にこだわりはなかったのでお風呂もキッチンも標準仕様にしました。お風呂場一面だけパネルの色を変えましたが、一万円もしないくらいでした。

トイレは本当はタンクレスが良かったんですが、価格が高く妻に却下されたので標準仕様のままで。タンクの上から水がでないものに変更。こちらは価格差なしです。

洗面所だけ標準から変更して、LIXILの非常にシンプルなものに変更しましたが、こちらは差額分安くなりました(10万円ほどかな)

我が家は2階にもトイレを設置したので、その分は費用増。トイレだけで25万円程度でしょうか。さらに2階のトイレには小さな洗面台もつけたので、そこで7万円程度かかっています。

水回りはこのくらいですかね。

こうやって書くと結構価格アップがあるように感じますが、最初の予算組みの段階で希望を伝えて、ある程度の予算を持っていたのでオーバーにはならなかったです。むしろ浮いたくらいかな?

水回り以外にも何点か変更したところがありますが、それについてはまた次回にさせてもらいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA