ワンダーデバイス の日常掃除。我が家のロボット掃除機がお亡くなりになりました。

Pocket

普段の掃除で大活躍してもらっていたロボット掃除機。購入から1年半でお亡くなりになりました。。。

スポンサーリンク

一軒家の日常掃除。これが結構大変。ワンダーデバイスの8スパンともなるとなかなかの広さです。

ましてや共働きで小さな子供がいる我が家にとって、家事の省力化は必須なわけでして、貴重な休日に掃除で追われるという事態も避けたいと考えてます。

そんなこともあり、現在我が家では4種類の掃除用具を使用中。

改めて考えると4種って多いな。。

①コード付掃除機

前の家からずっと使っているもの。引っ越す時に捨てようと思ってたんですが、玄関の掃除とかガシガシ使いたい場所に躊躇なく使えるのでなんだかんだ捨てずにとってます。

②コードレス掃除機

マキタのコードレス掃除機。紙パックタイプのもの。

コードレスはささっと掃除したい時や階段の掃除にはとても重宝するのでマストかなと思ってます。

稼働時間が大体20分くらいなのもあまり凝りすぎる前に終わろうと思えるのでちょうどいい時間。笑

③ロボット掃除機

普段掃除はこいつで。ル◯バではなく、20,000円くらいの安いやつです。

ルンバよりは性能劣るのかもしれませんが、我が家には充分!!掃除終わった後はかなりゴミとれてます。

家を出るときにボタン一つ押しておけば勝手に掃除してくれる!!

これはホント凄い発明だなと思ってます。買う前は半信半疑でしたが、今はもうこれなしでは生活できないほど重宝しています。

④ほうき

一番BESSっぽいなと思って一番最後に買ってみました。笑

ほうきではいて掃除すると無垢の木にもいい(艶が出る)と聞いたこともあるので、たまに使います。これはどちらかというと所有欲を満たしてくれるアイテムです。

 

ちなみにロボット掃除機だと床に傷がつくか気になる方もいるかもしれませんが、ほとんどつかないです。

というか、ロボット掃除機で着く傷よりも日常生活でつく傷のほうが遥かに多い。笑

ワンダーデバイスはラフに使ってなんぼと思っている自分には全く気になりません( ´∀`)

 

というわけで、主にロボット掃除機で日常掃除を行なっていたんですが、ある日アラーム音が止まらず充電ができない事態に陥りました。。。

メーカーに問い合わせてみると、バッテリーの寿命との回答。保証期間内(1年)であれば無料交換可能とのことでしたが、1年半が経過しており有料になってしまうと。

しかもその金額、、、、、、約15,000円!!!!

いやいや!!本体とほぼ同額じゃあないですか!!!

それじゃあ、新しいの買おうかなということで今回のものはオシャカにすることにしました。

ちなみにその後調べてみると、ロボット掃除機のバッテリーは寿命が結構早いということが分かりました。ルンバの最上位機種でも6年、普通ものであれば3年程度。安物は2年持てばいい方みたいですね。なので、電池の交換は必須みたいです。

次回購入時はこの辺りの情報も参考に選んでいこうかなと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA