再度藤沢へ。いよいよ契約!?

Pocket

これまでに藤沢、代官山、熊谷、富士の4つの展示場を見学してきて、BESSのワンダーデバイスで家を建てるという方向をほぼ決めた我が家。実際のイメージなんかも大分出来るようになってきたので、オプションなど標準仕様から変更をした場合の価格も教えてもらいながら、土地を含めた価格がどのくらいになりそうなのか担当さんと話すことになりました。

スポンサーリンク

場合によっては契約なんかもあるのかなと思いながら、再度藤沢へ。

藤沢に着いて、担当さんと軽く挨拶をしていよいよ本題へ。実際の購入する場合の流れを教えて貰いました。まずBESSへの訪問。これは当たり前のファーストステップですよね。ここで実際の建物を見て購入検討するかしないかということになります。この際にパンフレットももらえるのでそれも参考になりますね。この時点ですでに担当さんがつくことになるんですが、よく考えると契約するかしないかわからないのにとりあえず担当になる人が決まるんですよね。担当の数が偏ったりしないのかなと不思議になります。

次のステップとして、仮契約になります。この時点でいくらかの手付け金を払うことになるようなのですが、これを払わないと具体的な金額の話や土地情報などは教えて貰えないようですね。この話を聞いた時点で、本日の我が家の目的である具体的な金額は仮契約しないとわからないということが判明!ちょっといきなりだったので、とりあえずこの日は仮契約は辞めました。

ですが、土地担当の方も打ち合わせに同席してもらいまして、我が家の希望(ロケーションや住みたい街の雰囲気、予算など)からこのあたりの土地になるのでは?というシュミレーションをしてもらいました。実際の情報は教えてもらえませんでしたけどね(笑)

この時に候補として出した土地の雰囲気を実際にいって感じてみてくださいといわれました。土地勘がないので、そういうものを養っておいて下さいってことですよね。これは個人的にも大事かなとおもったので、今後は町歩きも必要になってきそうです。

久しぶりの7スパンのフランクフェイスも見学してきました。まだ2回目なのになぜか安心感が(笑)やっぱり7スパンくらいの広さがちょうどいいのかなと再実感しました。客間の件は担当さんに相談してみることに。一階に一部屋も出来ないことはないみたいですが、三畳程の部屋しか確保出来ないみたいなので、客間としては狭いかなってかんじです。このあたりの間取りはもう少し先の話になるのかなとも感じましたね。

帰りにBESSのロゴ入りのミニライトをもらえました。p_20161031_225430_1

こういうの地味にうれしいですね。

この時点で、一応一段落という感じで次に訪問するときは仮契約になるのかなって感じでしたね。それまでに住みたい町の雰囲気をより具体的にしておきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA