勉強⑤ ローンの種類

Pocket

土地も決まり、建物仕様も決まり、後はローン審査を通せば作業が始まるという段階まで来ました。ローンの本審査を通す銀行の選定が必要となるので、その前にまた色々と勉強です。

スポンサーリンク

ローンといえば気になるのは金利かと思います。借入額が大きくなるほど0.1%の違いが影響を与えますからね。仮に3000万円の借入金で0.1%金利が上がると50万円近く金利で総支払額が変わるので(おおまかな計算です)、金利はなるべく低い方が嬉しいですよね。

ローンは基本的に3種類のタイプがあるのですが、どのタイプを選ぶかで金利も変わってきます。

①変動金利、②固定金利、③フラット35の3種類ですね。ではそれぞれの特徴をみてみましょう。

まずは①変動金利から

変動金利とは文字のごとく、金利が変わるローンです。基本的に半年毎に金利の見直しが行われ、5年毎に金利の変更が行われます。金利が変わるリスクがあるため、利息の設定は低めです。特に今は低めで推移しているようです。

次に②固定金利

これは期間を区切って(5年とか10年)その期間はずっと変わらない金利でローンを組むというものです。金利の設定としては現在は変動よりも少し高めかと思います。

最後に③フラット35

これは35年間ずっと金利が変わらないローンです。なので月々の支払額がずっと同じなので、貯金などの計画はたてやすいかもしれません。他のものに比べると若干金利は高いかもしれませんね。

以上、ざっくりと3つに分けましたが細かく分けると、運用している団体が違ったり、固定金利なんかも細分化できるようですし、各銀行さんでも色々なプランがあるようなので、一概には言えないかもしれません。

次回はBESSの家を購入する際の銀行選びの注意点を書きたいと思います。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA