土地について考えてみる

Pocket

前回BESS藤沢を訪ねた際に、土地探しを担当してくれる方と初めて会いまして、我が家の土地探しについて改めて考える機会がありました。

そこで今回は理想の土地とは?について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも土地担当の方と話すまでの我が家の考え方としては、①職場からの距離 ②駅からの距離の2点をベースにして予算との兼ね合いで絞っていくといったものでした。他にもあるといえばあるんですが、まずは距離ありきって感じです。

そんな意向を伝えたところ、そういった事情を別にして理想のロケーションはありますか?と聞かれました。

・・・意外とすぐに浮かばず。考えてみれば初対面の方に自分達の理想を伝えるのってかなり難しいんですよね。一言で駅に近いところといってもその人の近いという距離も個人で違う訳ですし。距離は徒歩10分などの時間でも表せますが、これが雰囲気みたいなものになると一気に難易度が高くなりますよね。田舎がいいといっても山奥のような場所なのか、あまり住宅が密集してないような所のことなのかといったレベル感はかなり細かく伝えないと伝わらないですよね。

我が家もざっくりとした希望は伝えたんですが、あんまり伝わらなかったと思います。そもそもそこまでの詳しいイメージを持っていなかったということにここで気付きました。。。

なので、距離以外の要素としてこんな感じの~みたいところをしっかりと整理したいと思います。

⒈自然豊か

これはBESSのイメージでもあるのですが、静かな山の中にあるログハウスというイメージ。別荘というか周りがゴミゴミしていない環境がいいなと思います。まだまだ大まかですね。僕は北海道出身なのですが家周りの雰囲気は北海道のような感じがベストかなと思っています。妻も田舎の方ですので、2人とも都会的というよりは田舎な感じで暮らしたいと感じています。

2.隣家との距離感

個人的にはここは大事です。距離感といってもお付き合いといった意味ではなく、本当の意味での距離です。都心部に住んでいると、住宅街なんかは隣家と1mも離れていないで建っている住宅をよくみるんですが、あれではせっかくの一戸建ての意味が半減してしまうんじゃないかなと思います。最低でも家一戸分ほどの距離があるのが理想です。

3.買い物や病院などの利便性

これは生活面で大事にしたいポイントですかね。やはりあまりにも病院などが遠いといざという時に困るので、遠すぎない距離がいいですよね。

ただ我が家は買い物は週末の休みに買い込むので、このポイントはそこまで重要ではないです。

4.海や川の近い

これは本当に希望ですね。妻は海が好きなので海が見える高台のような場所が理想。僕は近くに川があってそこで焚き火ができたり、川沿いを散歩出来たりできるような場所が理想です。先ほど書いた山奥の森の中というイメージとの矛盾を感じますが、とりあえずそこは考えず理想を膨らませます。

 

以降は理想ではないけども見逃せないポイントです。

5.治安の良し悪し

これは住んでみないとわからないというのが正直なところかと思います。インターネットの情報や実際に候補の街を歩くといったことで確かめる必要がありそうです。

6.災害などに対する強度

これはハザードマップなるものがあるので、こちらを確認すれば地盤の強弱や河川の氾濫の恐れなどが確認できるようです。

 

とりあえず書いてみましたが、結論としては通勤などのことを考えないとするならば【山奥の田舎】のような場所が我が家の希望に近いのではないのかと思います。あとは通勤や利便性を考えてどれだけ人里に近づくのか(笑)ということになるのかと思います。

通勤の問題はなんだかんだいって大きい点だと思いますので、また別の機会に考えてみたいと思います。

今やるべきこととしては、土地の候補エリアの土地勘を掴むことかなと思いますので、時間のあるときに街探訪してみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA