家購入検討編⑥ ~購入に掛かる費用~

Pocket

今回は家を建てる費用について書きたいと思います。ハウスメーカーでよくみる坪単価~円という以外にも色々とお金がかかりますので、僕としても復習しておきたいところです。

まずわかりやすいところからいきますと、土地代と建物工事費。これは住宅サイトなんかをみてもすぐにでてくる値段ですね。説明など必要ないと思いますが土地代はその現在の状態での価格です。もし古い家を取り壊したり、地盤改良なんかを行う場合は別途お金が掛かってきます。建物工事費についても基本的にはメーカーの標準装備が基本価格となっていて、住宅展示場の建物なんかはオプションをつけまくったハイスペック住宅なので、あんまり参考にならないみたいですね。

この建物工事費に含まれていないもので、意外とお金がかかるものがポイントになりますよね。逆にここを抑えられれば全体的な費用も抑えることができると思います。

まず外構工事。これは建物以外の構造物を指すものです。基本的なところですと門や車庫、塀、柵などですね。さらに庭木、物置なども含みます。これは建物価格の1割程度と言われているようです。

次に照明。これは賃貸の場合は最初からついていることが多いので見落としがちなんですが、一戸建てだとすべて選ばないといけないんですよね。一戸建てすべてとなると見落とせない金額になりますよね。照明も選び方で家の雰囲気がガラッと変わるので、ここは個人的にはかなり悩むポイントかと思います。

あとはカーテンなんかも部屋数が多くなると必要な場所が多くなりますよね。でもここは自分たちでも調達しやすいので、ハウスメーカーにオーダーしないことで価格は抑えられる場所かと思います。カーテンかブラインドか、ロールスクリーンかとかでも迷いそうですが・・・

そしてエアコン。これが意外と大きな額します。これも賃貸には基本ついているので価格ってあんまり気にしたことなかったんですが、家電屋さんでみたところ結構いい額するじゃないですか!これをリビングと寝室なんかの必要な場所につけるとなると見逃せない額になりそうです。

最後に忘れてはいけないのが、各種の申請にかかるお金。家を買うというのは財産になるのでいろいろな申請を役所にしないといけないらしいのですが、それが結構お金かかるみたいですね。そのほかにも火災保険やローン諸費用なんかでちょいちょいお金がかかっていくのでこれも外構費程度かかるのではないでしょうか。

もちろん家具家電を新しくする場合や買い足す場合はもっとお金がかかるので、今回あげたのは最低限かかるお金になるでしょうね。そういえば引越し代なんかも・・・考えるとまだまだありそうです。書きながらいくらになるのかちょっと不安になってきますね。。。

この辺りの詳しい情報は、我が家の購入が進んだ際にさすがに詳しい額は出せませんが、大体の額なんかを紹介できればと思います。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA