富士のBESSに寄ってみた話

Pocket

1ヶ月以上前の話になってしまいましたが、9月の連休を利用して、静岡にキャンプに行ってきました。当日は夜から翌日にかけてどしゃ降りでちょっと悲惨な目にあいましたが・・・。その話はまた別の機会でも書ければと思います。

キャンプ場が富士宮にあるキャンプ場だったので、帰りに富士にあるBESSに立ち寄ってみることにしました。この時期は毎週色んなBESSを見に行ってましたね。まだ契約なんかもしていないのに(笑)。いろいろなBESSにいくたびに藤沢の担当さんに連絡がいくみたいなんですが、きっとこの人たち絶対BESS買うなって思われていたと思います。

今回もワンダーデバイスを中心に見学しましたので、簡単なレポートを。

富士のBESSはかなり前からある展示場みたいで、展示場の雰囲気も今まで見てきた展示場とは少し違っていました。昔ながらのログハウスというか、今まで見てきた展示場にはあったスタイリッシュな感じはあんまりなかったですね。別に批判しているわけではなく、展示場全体に味があるといった感じでしょうか。ワンダーデバイスなんかも築10年以上経っているみたいなんですが、古い感じは全くしなかったですね。これは木の家のメリットの一つだと思うんですが、年が経つほど味わいがでて愛着がわくと思うんですよね。この感覚は一般的なハウスメーカーではなかなかないかなと思います。そういった味わいが展示場全体に満ちている空間でした。

ワンダーデバイスですが、見た目は普通のフランクフェイスだったんですがら入ってビックリ!今まで見てきたものとは全く間取りが違いました。フランクフェイスなんですが、最初に入った感じはファントムマスクのような横型の空間になっています。簡単にいうとフランクフェイスの大きなリビングが2つに分かれているようなイメージですかね。画像を載せられたらわかりやすいと思うんですが、わかりやすい写真が撮れていませんでした。。

なので、リビングの奥にもう一部屋あるんですがこことの間仕切りの扉がなかなか面白い作りとなっていまして、隠し扉のようになっています。これはオプションでつけられるようなので、興味ある方はぜひ。子供なんかは喜ぶと思いますね。

他にも洗面台やトイレなどの水回りや二階の間取りなんかも他の展示場とは異なっていたので参考になりました。ただ、見学しながらの疑問として、これって何スパンなんだろう?と思っていました。7スパンにしては広く感じるし、8スパンにしては狭い気がするなーって感じでったんですよね。7スパンの変形間取りなのかなと思い、これなら我が家希望の一階の客間も可能なのでは?と思って、帰り際に受付の方に話を聞いてみました。

すると意外な答えが。7スパンでも8スパンでもなく、7.5スパンのイメージだということでした。というのも、前は1スパンが1mだったらしくその当時の7スパンみたいですね。なので7.5スパンくらいのイメージとのことでした。かなりちょうどいいサイズ感だったので、ちょっと残念でした。

でも、一階に一部屋を作る参考にはなったので訪れてみてよかったです。

訪問後に藤沢の担当さんからお電話をもらい、もう一度藤沢でより具体的な話をしないかとお話をもらいました。我が家も大分ワンダーデバイスを見てきて、あんなことをしたいとかこれはイヤなんだけど変えられるのかみたいな疑問も出てきていたので、もう一度お話をすることに。次回は再度訪問したBESS藤沢の話をさせてもらいたいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA