芝メンテでエアレーション。

Pocket

初めて芝のエアレーションしました。これもなかなか楽しい作業でした。

もう3月ということで、ずっとやってみたかったエアレーションをしました。

そもそもエアレーションとは?ですが、芝が育ってくると根が張ってきますが、根が張りすぎるとギュウギュウになってしまい土の中で呼吸ができなくなってしまうわけです。

また、土も根が張るのと徐々に沈んでくるので固くなるわけです。

なのでメンテナンスが必要なんですが、とはいってもいちいち芝を剥がして、下の土を耕すわけにはいきません。

そこでやるのがエアレーション!

芝に穴を開けることで、芝が呼吸をしやすくなります。

穴の開け方はエアレーション用の道具があるのでそれを使い芝に穴を開けていきます。

エアレーション用の道具としてはローンスパイク(こんなの↓)が

代表的ですが、少し場所をとるのと、なかなか手間かなと思いまして、サンダルタイプのものを購入しました。

 

取り出して、裏側の写真がこちら。

スパイクに付いている黒いものはカバー。一瞬このまま使うものかと思ってしまいました(^^;;

スパイクのカバーを取った写真がこちら。

 

後は靴の上から履いてサンダルのようにベルトを締め、芝の上を歩くだけ。

 

歩くたびにザクザクという音と一緒にスパイクが芝に入っていきます。

これがなかなか楽しい。子供にやらせたら楽しんでやりそうですが、意外とスパイクが尖っていてあぶないのと、足の対応サイズが21cmからだったので、ちょっと難しいですね。

 

スパイクで踏んでみると芝の下の土が固まっているのがよくわかります。それも場所によって硬さにも違いがあり芝の生育具合が分かります。

しっかり全体にエアレーションできるように少しづつ踏んで行き、15分ほどで終了。

芝刈りとは異なり、作業前後の違いがないので、効果の程はよくわかりませんがきっと芝もさらに元気になるでしょう!

かなり暖かくなってきてるので、芝もそろそろお目覚めの季節でしょうか。今年も青々とした姿になるのが楽しみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA