ワンダーデバイスでの子育て。落下防止に2階にネットを。

Pocket

昨年の春に子供が生まれ、3人家族になりました。もうすぐ1歳になるのですが最近歩き始め、ますます目が離せなくなってきましたので、対策を。

ワンダーデバイスで子育てしている方のブログを見るとほぼ必ずと言っていいほど問題になるのが2階のロフトの手すりです。下の写真のようにかなり大きい幅で隙間が空いているので、小さい子供にはかなり危ない場所となっています。

子供が生まれたばかりの頃は特に動くわけでもないので良かったんですが、いよいよ歩き始めたので、ついに対策をしました。

ネットを張るか、木の板で覆うかのどちらかなと思っていたんですが、ネットを張りました。半年点検の時にネットがあると紹介してもらい、そこから少し探して楽天で購入しました。

下のリンクの1m×6mのものです。

 

ワンダーデバイスは1スパン約90cm強で我が家のロフトの手すり部分は6スパンなので、だいたい5.5mくらい。少し余ってしまうんですが、ぴったりのものはオーダーメイドになってしまうので高くなりがち。片方に寄せれば気にならないかなと思い、これに決めちゃいました。

 

張った後の状態がこちら。

取り付けにはU字型の釘を使いました。上下で柱と柱のあいだで釘5本くらい打ち付けるとかなり強度がでましたよ。

このままでも十分なんですが、真ん中がたわんでいたので、麻紐を使って柱と固定。これでバッチリ!!子供が寄りかかっても全く危険を感じません。

価格も1万円弱で出来たので良かったんじゃないかと思います。

見た目もそこまで損なわないし、開放感もそのままですしね。

 

以上、珍しく子供対策でした。これからちょくちょくこういった記事も書いていく予定です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA