靴箱をガチャ棚とOSB板でDIY。

Pocket

靴棚を新しくDIYしました。これまでよりも大容量で見た目的にも満足。

スポンサーリンク

我が家のワンダーデバイスの数少ない後悔の一つに玄関があります。玄関が少し狭いので広くしておけばよかったというのと、基本プランだと普通の床と同じ木材になるんですが、ここを土間仕様にしておけばよかったと後悔しております。

特に雨の日はどうしても靴が濡れてしまうので、玄関の床がどんどん汚れていってしまいます。。。

ここは塗料をぬるか、何か敷くか悩みどころなんですが、いまだ手付かずの状態です。

話が少し脱線してしまいましたが、靴棚のハナシです。靴棚は住み始めてからすぐに建築の際に余った廃材を利用し作ったんですが、あまり考えずに作ったのもあり使い勝手はイマイチでした。

その後子供が生まれ、ベビーカーや子供の靴なども増えるとどんどん玄関が狭くなっていく自体に。

 

これはいかんということで、靴棚の作り替えを決めました。

今回はガチャ棚とOSB板を使い、ワンダーデバイス によくなじむものをコンセプトに作りましたよ(о´∀`о)

で、早速アフター

ガチャ棚の奥行きは300mmのものを使用。靴棚での使用であれば300mmがベストかなと思います。

あまり大きいと玄関に圧迫感が生まれますしね。

下にはある程度のスペースを残してベビーカーを置けるようにしました。このスペースは将来的には棚を増やして靴置き場を増やしてもいいし、外遊びの道具を置いてもいいかなと思ってます。

ガチャ棚のレール+ブラケットで8000円、OSB板が4000円くらいなので、靴棚全体で12000円くらいなので、決して高くはないんじゃないかと思います。

 

ビフォーの写真がないので比べづらいですか、かなりスッキリしました。

ガチャ棚なので、高さを簡単に変えられるのもいいですよね。

 

今回地味にこだわったポイントがこちら。

傘とか濡れた雨具をかけられるスペースをつくりました。

これはホームセンターで全部で500円ほど。これは手軽で他の場所にも色々と応用が効くので、オススメです。

 

やはりDIYはワンデバの醍醐味。まだまだこれからも随時紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA