オリーブの樹を柵で囲う。

Pocket

エントランスにあるオリーブの樹周りをメンテナンスしました。

スポンサーリンク

我が家のエントランスにはオリーブの木が2本あります。一つのオリーブの木については成長スピードがとても早く1年程度で30センチ成長したのですが、もう一方のほうは全く成長を感じられませんでした。

ちなみに2本植えてるのは実がなりやすくするため。違う品種を1本ずつ植えるといいそうですよ。

一つの樹の成長が遅い原因が樹の下にグランドカバーとして植えているクラピアのせいではないかなと思ったので、今回ゾーニングをしてクラピアのエリアと分けることにしました。

もちろん品種による違いもあると思いますが、肥料をあげてもオリーブより先にクラピアに吸収されている感じがすごいので(笑)、とりあえずゾーニングしてみました。

まずはクラピアの撤去。こちらも芝生同様にしっかりと根付いており、シャベルを使っての作業。今回は約1mの円形に切り取りたかったので、なかなかの量のクラピアを撤去しました。

そして柵の設置。ホームセンターで売っていた園芸用の木の柵で囲いました。あんまり高すぎても不恰好ですし、クラピアは根を張って成長するタイプの植物なので、それなりに柵も埋めないとすぐに侵食されています。なので、20~30cmほど柵を埋めました。

作業後の写真がこちら。

 

さらにハーグで地面覆ってあげると、

 

なかなかいい感じです。

おそらくまた春になって暖かくなってくるとクラピアや雑草の侵略があると思いますが、そしたらまた考えましょう。

 

それにしても、オリーブの実っていつになったらなるのだろうか。

自分の家でできたオリーブの実からオイルを絞って、それで料理するのも一つの夢です( ´∀`)

きっとまだ機が若いからですね。気長に待つとしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA