ユニフレームの焚き火台的なものを購入

Pocket

焚き火台を買いました。

ホントに焚き火しかできないやつです。これを使って、河原で焚き火してきたので使用感について書きたいと思います。

p_20161204_111627_1

スポンサーリンク

そもそも今まではどうやって焚き火していたかといいますと、ユニフレームのファイヤグリルを使っていました。ファイヤグリルに関してはBBQグリルとしても、焚き火台としても使え、かつ値段も安いというコストパフォーマンス抜群の製品なんですが、何点か不満な点がありました。

①収納サイズが少し大きい

許容内ではあるんですが、出来ればもう少しコンパクトだと助かりますね。他のメーカーからもコンパクト収納のものがでてますし。

②撤収時の片付けが少し手間

一台で何役もできるせいかなと思うんですが、長いときだと昼からBBQをして、そのまま夜まで焚き火になって、翌朝も焚き火なんかするとグリルがすごい汚れるんですよね。なので朝の焚き火なんかは専用のものがあれば片付けも楽になるかなと思います。

そんな訳でコンパクトな焚き火台が欲しいなと思いまして、候補としてあがったのがユニフレームのファイヤスタンドⅡ!しかし高い!!焚き火台だけに6000円はどうかなーと思いながらAmazonさんをみてると、類似品があるではないですか!しかも激安です。

 

本来こういうパチモン的製品は好みではないのですが、半分お試しの気持ちでポチってしまいました。

収納袋に入れた状態です。思ってた以上に大きめです。

早速河原で焚き火してきました!

網の4隅に上のような金具がついているので、この金具を台のポール上部の穴に差し込みます。組み立ては非常に簡単ですね。

焚き火中の様子。大きな薪2、3本程度の重さであれば充分おけると思います。下がメッシュなので空気の通りがよく今までのファイヤグリルよりも良く燃えると思います。

使用後の状態です。色はついていますが、特に変形などもありません。

こちらは折り畳んだ状態です。片付けも楽チンです。

まだ一回ですが使用感は思った以上にいいですね。パチモン的なものということであまり期待はしていなかったんですが、収納性、簡便性、燃焼性などかなりコストパフォーマンス高いです。これならユニフレームのものを6000円くらい払って買ってもいいかなと思います。

以上、簡単なレポートでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA